医療について

医療保険の見直しの必要性を考える

近年の医療保険の主流は、終身保障・保険料終身払いです。
保険会社は一生涯の保障が続くことを強調するので、安心感が高いようにもみえますが、保険料もずっと支払い続けるということにも注目しなければなりません。
医療保険の場合、月に5000円から1万円程度なら支払ってもいいという人は多いです。
たとえば、40歳の人が、終身型に加入し月々5000円ずつ支払うと年間で6万円、60歳の定年までに120万円、80歳までなら240万円も保険料がかかります。
もちろん、長生きすればさらに保険料は膨らむわけです。
配偶者も同程度の保険に加入するなら、夫婦2人分でざっくりと計算して、40年間で480万円もの出費です。
こうして計算してみると、1か月にわずか数千円の出費でも数十年にわたる固定支出となれば総額は大きな負担いなることがわかります。
一生涯の安心を手に入れることができるものの、保険期間中に数百万円を支払いますが、1入院あたり入院給付金は最大60万円、手術給付金は最高でも20万円と考えると見直しの必要性がみえてきます。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.