医療について

医療行為ができる人は限られている

医療行為は、患者の命に関わることもある責任重大な行為です。
ですから、きちんと医学について学んできて国家試験をパスし、資格を取得した人たちにしかすることができないと、法律によって定められています。
誰もが自由にできるわけではありませんし、病院や歯科医院で働いているからといってできる行為ではないのです。
この点は案外盲点になりやすいので注意しましょう。
たとえば、歯科助手が医療行為に該当する仕事を任されているケースも少なくはありません。
患者の口の中に手を入れる行為は、多くが医療行為に該当しますから、本来的には医療資格保持者ではない歯科助手にはできないのです。
しかし、一部で見過ごされているという事実があります。
介護士も、医療行為に該当する仕事をしているケースが目立ちます。
万が一のことがあってからでは遅いですから、きちんとチェックの目を光らせることが必要になりますね。
この点は、経営者に改善の責任があると言えます。

Copyright(c) 医療 All Rights Reserved.